血圧が気になっている方向け 人気サプリメント

血圧が気になりだしている方、まず第一におススメしたいことは食生活の見直しです。血圧が高めの方の多くは日頃の運動習慣がない方が多いようです。もしあなたが運動を全くしないのであれば、運動するように心がけてはどうでしょうか。
このようにちょっとした生活習慣の改善で血圧が安定したり高血圧のリスクを減らしたりすることができるものなのです。
また最近では血圧が気になる方向けのサプリメントも製薬会社が開発した信頼できるものが販売されていますから、そのようなものも利用してもよいでしょう。

 

ヘルケア

  • 製薬会社エーザイが開発した血圧ケアサプリメント
  • サプリメントなので血圧に穏やかに働きかけて高血圧のリスクを減少させます
  • 臨床試験により血圧がおだやかになる機能が認めれた人気のトクホ(特定保健用食品)です

エーザイ人気の血圧ホサプリ

血圧が気になる方に!人気の製薬会社開発のサプリ

 

大正製薬/血圧が高めの方のタブレット

  • 血圧降下作用の働きがあるヒハツ由来ピペリンを含有したサプリ
  • 1日1粒で血圧対策だから続けやすい

大正製薬人気の血圧ホサプリ

大正製薬の血圧が高めの方の人気サプリ

 

わかめペプチド

血圧を下げる機能があると言われているわかめペプチドを配合

理研の一番人気サプリ

血圧高めの方へ理研のサプリお試し

 

血圧が高めの方の健康緑茶

  • 健康志向の方に人気の健康茶ですが、こちらは血圧が気になる方のための健康茶で大正製薬が販売
  • 毎日1杯でできる血圧ケアが長く続けやすい
  • 血圧改善効果があるヒハツ由来ピペリンが入ってます

 

 

血圧を下げる方法

まずはじめに血圧の仕組みについて説明します。
普段健康診断などで上は130で下が85とか言われることがあると思いますが、上の血圧というのは心臓が収縮している状態の時の血圧で正確には収縮期血圧と言われます。そして下の血圧というのは逆に心臓が拡張している時の血圧のことで拡張期血圧と言います。
心臓あ収縮したり拡張したりと言ってもそれが私たちとどういった関連性があるのかはあまり考えたことがないと思います。
心臓は血液を全身に送り出すポンプの役割をしていると考えると、心臓から血液を送り出すことで収縮します。心臓から一斉に血液を送り出すと当然ながら血管への圧力は高くなります、この時の血圧を収縮期血圧つまり上の血圧です。血液が心臓に流れ込んでくることで心臓は拡張します。その結果血管内の血液の量は少なくなりますから血管への圧力も小さくなっていきます。この状態の時の血圧が拡張期血圧つまり下の血圧になります。
こんな感じが血圧の仕組みです。

 

高血圧というのは上と下の血圧が基準値より高い状態のことを指しています。日本高血圧学会では上が140mmHg以上で下が90mmHg以上の場合が高血圧であるという目安を発表しています。ただ血圧は様々な要因で一時的に上昇することあるので安静時の血圧が基準値よりもオーバーしている状態が慢性的に続いている場合に高血圧症として治療の対象になっているのが一般化しています。
高血圧ではないけれどやや血圧が高めの方は、かなりいると言われています。そういった方々は治療の対象にはならないものの生活習慣の改善などをしてできるだけ高血圧にならないようにしなければなりません。その中の一つとしてここで紹介されているように血圧が気になる方々の間で人気になっているサプリメントや健康茶などを使うことも一つの方法になります。

 

一般的に高血圧の人が薬を飲まずに正常値まで血圧を下げるのはなかなか困難が伴いますし、基本は医師の指示に従うことが最善の方法です。
ですがそれと同時に自分自身の食生活や生活習慣の見直しも大切です。

 

血圧を下げる食事とは
塩分は高血圧にとっては大敵です。ですから塩分を控えるように日頃の食事でも注意しましょう。これと合わせて塩分を排出する作用のある食品としてアボガド、バナナ、ほうれん草、ブロッコリーなどです。これらの野菜や果物には塩分の排泄を促進する物質であるカリウムを豊富に含んでいて、かつ血圧を下げる効果もあるのではと考えられています。こういった食品も積極的に食事の中で取るように心がけましょう。
また中性脂肪や悪玉コレステロールは動脈硬化を悪化させる原因になるので、中性脂肪や悪玉コレステロールを増やす食品の摂取はできるだけ少なめにしましょう。このタイプの食品群としては魚卵やレバー、そして肉の脂肪などがそれにあたります。それとは逆にサンマ、サバ、イワシに多く含まれている不飽和脂肪酸は中性脂肪とコレステロールを減らす働きがあるので、ぜひ食べてください。またこのタイプのサプリメントも発売されて市場では人気になっていますから利用を考えてもいいかもしれませんね。

 

高血圧が心配な人にとって最適な運動とは
高血圧の人は適度な運動が進められています。それは体を動かすことで全身の血の巡りが良くなり結果的に血圧が下がる傾向があります。そして肥満も防止できるので高血圧の予防にも適しているというわけです。
ウォーキング
そして血圧が高めの人は体に酸素を取り入れながら行う有酸素運動が適しています。一方で不敵な運動はその逆の無酸素運動で一時的に息を止めるような運動です、これに当てはまるのは全力疾走をする短距離走やウェイトトレーニングなどです。
血圧が高い人に適している運動とはジョギングやウォーキング、サイクリング、水泳です。
もし現在高血圧で病院に罹っているのであれば担当医に運動についてもアドバイスをしてもらうことも大切になります。

 

高血圧とは

高血圧は血圧が高い状態が続いていることを言います。では実際のどの程度の血圧だと高血圧なのでしょうか?
その前に血圧には上下があることをご存知かと思います。健康診断の血圧測定で上が140で下が90というようなことを聞いたことがあるのではないでしょうか。
実は血圧には収縮期血圧(上)と拡張期血圧(下)の2つの値が測定されます。
もう少し詳しく説明しますと、心臓は血液を体中に送るポンプの役割を担っていますが、心臓から送り出された血液は血管を通って体中に行きわたりますが、血液が通るとき血管にかかる力のことを血圧と言っています。心臓から血液を一気に送り出すときに心臓は収縮しますからこの時の血圧を収縮期血圧と言い、血管にかかる圧力が高くなります、心臓から血液が送り出されると心臓は拡張しますからこの時の血圧を拡張期血圧と言います。

 

では具体的にどれくらいの血圧になると高血圧となるのでしょうか。
ここで基準なるのが日本高血圧学会「高血圧治療ガイドライン2014」というものです。
このガイドラインによると
病院で測定した血圧が140/90mmHg以上、家庭で測定した血圧が135/85mmHg以上になると高血圧と診断されます。

 

血圧が高くなる原因、どうして高血圧になるの?

高血圧にはその原因からいくつかのタイプに分けられています。まず大きくは二つのタイプで一つは一次性高血圧で別名本態性高血圧とも言われています。そしてもう一つは二次性高血圧です。
高血圧の人のほとんどが一次性高血圧です。この主な原因は肥満や運動不足、食事、加齢など生活習慣に起因する高血圧です。一方は二次性高血圧は別の病気が原因で血圧が高くなっている高血圧です。
ではここでは多くの人がなりやすい生活習慣や加齢による一次性高血圧の原因について、もう少し詳しく見ていきましょう。
年齢とともに血圧が高くなるのですが、女性よりも男性の方が血圧が高くなる傾向が強いのです。男性は50代から高血圧の人が目立ってきますが、女性の場合は60代になると高血圧の人が急速に増える傾向にあります。

 

高血圧を招きやすい生活習慣とはどういったものでしょうか。
それは睡眠不足、アンバランスな食生活、ストレス、運動不足、肥満、喫煙などです。
血圧が高くなってきたら、まずは自分の生活を振り返ってみて血圧を高くさせる要因はないかチェックしてもし前述のようなことを生活習慣としたら改善するように努めましょう。

肥満の男性にも人気

もし血圧のサプリメント飲んでいたとしても、それ自体だけでは血圧を下げて正常範囲まで戻したりすることはできません。
必ず生活習慣の改善が必要なりますし、血圧対策サプリメントはいくら人気で多くの人から支持されているとはいえサプリだけを頼って血圧を下げることは難しいというのが現状です。
ですから血圧サプリは血圧を下げたり安定させるためのサポート役だと割り切って利用しましょう。

 

 

 

高血圧の人が罹りやすい病気

高血圧症の人が発症しやすい合併症には様々な疾病があります。
特に脳や心臓そして腎臓に合併症が発生するリスクが高くなります。

 

高血圧と脳の病気とは

血圧が高い状態が続くと脳の病気を引き起こす元になるリスクもあるのです。
脳の病気とは脳出血、脳梗塞、くも膜下出血などです。どれも聞いたことがある病名だと思います。一般的には先の3つの病気は脳卒中と言われたりしています。
脳卒中は脳の血管が詰まったり破れたりしてしまうことで、その部分の脳が正常に働くなくなってしまうのです。その結果、体全体に様々な後遺症や障がいが残ってしまうことがあるのです。
そして命にもかかわる病気ですから、高血圧をあなどってはいけません。

 

次のデータを見るとおそらく血圧が高めの人はちょっと心配になるかもしれません。
正常血圧の人に比べて収縮期血圧が140〜159mmHgに人は約3倍、同じく180mmHg以上の人は約7倍の脳卒中を発症しやすいという報告もあります。

 

人気の血圧サプリをチェック

 

血圧が高い状態が続くと心臓にも悪影響

高血圧は心臓の合併症を引き起こすリスクが付きまといます。
それらは狭心症、心筋梗塞、心不全、心肥大などです。
ではそれぞれどういった病気かを簡単に解説していきたいと思います。
まず狭心症
血圧が高い状態が続くことで血管に負荷が罹るので、その結果として血管壁がダメージを受けそこにコレステロールがたまります。これがいわゆる動脈硬化です。動脈硬化が進行すると血管内腔が狭くなってくるので心臓に十分な酸素や栄養を送り込めなくなってしまうのです。これが狭心症です。
狭心症になると激しい胸の痛みや圧迫感などの症状が現れます。

 

次に心筋梗塞
心筋梗塞は高血圧など様々な要因で起こってしまった動脈硬化により血管が狭くなったり、そこに血栓が詰まったりして心臓に血液を送っている血管が塞がってしまい、心臓の筋肉に酸素や栄養が送ることができず心臓の筋肉が死んでしまう状態のことです。心筋梗塞は死に至る危険性のある病気です。尚、心不全は心臓の働きが弱くなってしまうことで、血液を体全体に送り出すことができない病気です。

 

最後は心肥大
心肥大は血圧が高い状態が長期にわたって継続することで心臓が体全体に血液を送り出すときに強い圧力が必要になることにより心臓の壁が徐々に厚くなっていく現象のことを言います。この状態が進行していくと心臓の働きが弱まり心不全になってしまう可能性があります。

 

このように高血圧症が続いたり悪化したりすると様々な危険な病気を発症する恐れがあるのです。
健康診断などで血圧がちょっと高めだということが分かったら、そのままにしないでできるだけ早めの対策が必要です。その対策として生活習慣や食生活の見直しはもちろん、血圧サプリを飲むということも一つの手段と言えるでしょう。
こちらのサイトでは人気の血圧が高い方向けのサプリメントも紹介していますので是非チェックしてみてください。
いろいろな種類の血圧サプリが出回っていますが、まずは世間一般でよく認知されている人気サプリから試してみるのが効果的ではないでしょうか。

 

 

血圧を穏やかにするサプリ

高血圧は、幾つもの病気が発生する原因となってしまうばかりか、頭痛や肩こりなどといった症状ももたらします。高血圧を防ぎ、整えるためには、バランス取れた食事と程良い有酸素運動を日ごろから実行するということが何よりも大事になってきますが、併せて、血圧を低下をサポートする成分をサプリメントで補給するなら、さらに助けになります。血圧を落ち着かせる作用が見込めるサプリメント成分につきましてご提案します。

 

ミネラル

高血圧を低下させる栄養成分になるとカリウムが代表格だと思われますが、その他のミネラルのカルシウムやマグネシウムにも血圧を下げるのに有用であると理解されております。高血圧予防をするためには日本人に不足傾向にあるミネラルを常日頃の食生活で確実に摂取するようにしましょう。カルシウムの摂取量の少ないほど高血圧発症の度合が上昇するということがわかっています。
その中でも、カリウムには、身体の中に滞留している必要以上の塩分を尿となって腎臓より体外に押し出す役割があります。血液の中に塩分が多い場合高血圧となってしまう傾向にあることから、積極的に摂取したいものです。カリウムを数多く含んでいる食べ物としては、りんごやバナナ、ほうれん草、パセリ、アボカドなどが挙げられます。

 

タウリン

タウリンには、交感神経の働きや、ノルアドレナリンの分泌を抑止する作用が見られます。交感神経が高まると、身体の中から使い切れなかった水分や塩分を排除するメカニズムがセーブされてしまうことになり、血圧が高くなってしまうことになります。タウリンを意識的に補給するようにすれば、交感神経の活性化を阻害し、それに付随して血圧が上がるのも防げるということなのです。
タウリンは身体の中で構築されている量が多くないそうなので、食べ物で補充するというのが最適な方法ではないでしょうか。タウリンは魚介類に数多く含まれていて、その中でもタコ、イカ、サザエなどといった噛みごたえを伴う魚介類には豊かに含有されています。

 

DHAとEPA

DHAは血管内の細胞膜をしなやかにする働きが見られます。血管壁が柔軟になるために血管が拡がるようになって、血流が良化されていきます。それらの他にも、悪玉コレステロールや中性脂肪を少なくし、善玉コレステロールを増加させる役割も果たします。
血管が固まってしまったせいで血液の流れが悪化したことにより、血圧が上がってしまうのがされています。血管に硬くなる状態が動脈硬化になるのです。
EPAやDHAをしばしば取る人は、血管に柔軟性があって、血液が円滑に血管の中を流れることになります。
DHAは青魚、マグロ、カツオ、サンマ、サバといったのものに、EPAはイワシなどに多く含有されています。

 

その他にも血圧に良いと考えられている成分はまだまだあります、こういった成分を含んでいる食品を意識して取るようにしながら、それでも不足しているものについてはサプリメントで補うということも一つの方法であると言えます。