血圧を下げる薬の種類

高血圧の状態がどうして体に良くないのかというと、血管に強い圧力がかかるので血管がダメージを受けてしまい、それが元で動脈硬化が進行します。動脈硬化が進んでいくと血管が詰まりやすくなり脳梗塞や心筋梗塞など発症してしまうリスクがあるのです。ですから、高血圧の人は血圧を下げる必要があります。その方法としては生活習慣と食生活の改善そして薬の処方などがあります。生活習慣を改善しても血圧が下がらない人は薬を飲んで血圧を下げていくしか方法がありません。

 

病院の高血圧の薬

血圧を下げる薬、つまり降圧薬の種類はいくつかあります。そしてその種類によって血圧を下げるメカニズムがバラバラになっています。お医者さんはそれぞれの状況に合わせてその中からふさわしい薬を処方してくれます。
高血圧になった人が病院で最初に処方される薬は第一選択薬です。

高血圧の薬

  • Ca拮抗薬
  • ACE阻害薬
  • ARB
  • 利尿薬

の4種類があります。

 

Ca拮抗薬(カルシウムきっこうやく)

元来は狭心症の治療をするための薬ですが、血管の収縮を防止する働きもある他ので降圧薬としても利用されています。いくつかの種類があって不整脈の治療に利用されている薬もあります。副作用は他の薬と比較して少ないですが、グレープフルーツに含まれるフラノクマリン類という成分がこの薬を効果を強めるので注意が必要です。高血圧に用いられているのはジヒドロピリジン系のCa拮抗薬です。

 

 

ACE阻害薬(アンジオテンシン変換酵素阻害薬)

アンジオテンシンIが血圧上げる作用があるアンジオテンシンUに変換する酵素の働きを抑えて血管を拡げ血圧を下げます。尚、妊娠中や授乳中、高カルシウム血症の方は用いることはできません。

 

ARB(アンジオテンシンU受容体拮抗薬)

腎臓でアンジオテンシンUとアンジオテンシン受容体が結合するのをブロックすることで血管を拡張させ血圧を下げます。
腎障害や糖尿病性腎症にも効果があることが認められています。尚、妊娠中や授乳中、高カルシウム血症の方は用いることはできません。

 

 

利尿薬

血液の中に水分が増加すると血管の中を流れている血液の量が増えてしまいます。そうすると血圧が上昇します。尿を排出して血液中の過剰な水分を減らすことで血圧を下げる薬です。
この薬は高齢者や塩分摂取の量が多い人に向いています。

 

薬では根本解決にはなりません

高血圧の薬は、死ぬまで飲み続けないとならないと考えている方が多いと思います。
はっきり言って血圧を下げる薬は根本の解決とはならないのですが、服薬をストップすると最初の高血圧の状態に逆戻りしてしまうものです。
日頃の血圧を安定につなげることから、脳卒中、心筋梗塞などといった危険性を小さくしておくのが特に大事なのです。
そうだとしても、薬の服用と生活習慣の修正できちんと血圧が下がっているのを確認できるならば、お医者さんとの話し合いながら薬の服用を中止することだって可能だと思います。定期的な確認はしっかり実行しましょう。

 

 

漢方薬と高血圧

サプリメントと高血圧